フリーダイヤル

お問い合わせ

電子黒板.jpは、電子黒板を安全に便利に使うための情報をお届けします。

電子黒板.jp

TOP>先生の声

先生の声

  • 聖パウロ学園高等学校

pdf

PDFファイルをご覧頂くためには、アドビシステムズ株式会社のAdbe Readerが必要です。

flash

FLASHをご覧頂くためには、アドビシステムズ株式会社のAdbe Flash Playerが必要です。

先生の声

聖パウロ学園高等学校

電子黒板を導入したきっかけ
電子黒板を使った授業が黒板中心の授業と比較して、効果的ではないかという学校の考えがありました。黒板を全て否定するわけではなく、黒板の良いところはそのままにして、黒板では理解させづらい単元・内容を電子黒板を使ってヴィジュアル的表現を行うことで、デジタルネイティブな生徒のスムーズな理解に繋がっていくと考えたのが導入のきっかけです。
しゃべるくんを選んだ理由
一番は使いやすさです。
他社の電子黒板も見たけれど、どれも専用の電子ペンを使って書くというのがほとんどでした。指以外にも何でも操作できるのがポイントだと思います。
また、電子ペン単体の価格が高く、それを壊してしまうと当分使えなくなってしまう。
だけど、しゃべるくんは感圧式なので電子ペンにかかるコストも安いし、無くしても他のもので代用が効きますのでランニングコストの面を考えても「しゃべるくん」が良いんではないかと思って選びました。
パソコンを扱うようにしゃべるくんを扱えるのでハードルが低く、普段パソコンを使っている先生は苦も無く入っていけるのも大きなポイントです。
選ぶ際に他にどのような電子黒板を見ましたか
電子黒板を使った公開授業にも足を運び、実際に現場で電子黒板(テレビ型)を使っている様子を見ました。また、業者の方にデモに来て頂いたりして、実際に使い心地を体感して選びました。
電子黒板を導入してからの授業の変化
子供たちの反応はすごいものがあります。
電子黒板を休み時間に教室に移動させると、初めは物珍しそうに見ていたが、今では生徒さんが授業を理解しやすいツールと認識して、生徒が率先して電子黒板を使っています。
電子黒板の使用頻度はどれくらいですか
単元によって変わってきますが、私は数学を担当しており、図を書くことが多い単元に良く使ってますが、計算中心の単元では、公式や問題を提示したりするのには使っていますが黒板の方が授業がしやすい部分があります。
電子黒板を生徒に使わせていますか
実際に電子黒板上で問題を解かせ、そこに私が添削するという使い方をしているのですが、初めは生徒は戸惑っていたが、今では勝手に色を変えたり、アンダーラインを引いたり生徒が自主的に使ってます。やはり私たち以上に生徒の飲み込みは早いと実感してます。
良く使うツールは何ですか
図形を使う授業では良く定規をつかっています
あとは、書いた時にマーカーペンで強調させたり、高校では他の機能というよりも問題を予め仕込んでおいてそれを見せたり、実際に板書として使い、次の授業に振り返りとして見せたりしています。数学の授業は日付を入れてすべてファイリングしておき、生徒に習ってないとは言わせないようにしています。(笑)
他に便利な使い方はありましたか。
夏の学習合宿というイベントが有り、基本的には各々で数学の問題を解かせているのですが、わからなくなったら個別で電子黒板を使って説明し、説明した内容をメモを取らせるのではなくその場でプリントアウトをして生徒に配布していました。
ギャラリーは良く使いますか
基本的には高校の授業ですのであまり使ってません。
背景のテンプレートは使うことがあります。
電子黒板を導入して事前準備は変化がありましたか
事前準備は大変です。(笑)
今までだと、教材をみて問題を解いて板書案を頭で作ってシナリオだけ立てていたものを、実際にソフトで作りますので準備にかかる時間は2倍になっています。
でも、準備にかかる時間が無駄に増えただけではなく、教材研究に対する意欲が高まり、我々の技術発展の為にも有用なのかなと思っています。
また、予め図や公式を仕込みますから、それで授業のテンポが1.5倍になり、スムーズに授業が進むことで生徒に本来の学習の姿を身をもって体感させることができます。
板書をノートに写してそれで勉強したと思い込んでいる生徒が実際多いんですが、板書を写すことはあくまで写すだけであってただの作業。「考える」という行為を行ってないんです。
テンポの良い授業で「写す」のではなく「メモをする」という感覚でノート作りが出来れば学習効果があがるが、黒板を中心としているとその「テンポ」がなかなか出せないんです。
移動式電子黒板を実際に使ってみて良いと感じた点を教えてください
移動ができるという点ですね(笑)
全教室に導入出来ればいいに限るのですが予算的に厳しいので1台の電子黒板を移動して他教室で使えるというのは非常に助かります。
感圧式のタッチパネルを実際に使ってみてどうですか
かなりいいですね。非常に使いやすいと思います。
光学式のタイプも使ったことがありますがそれに比べてキャリブレーションの方法がシンプルで非常に分かりやすいのもポイントかと。誰でも簡単にかつスピーディに調整が行えるというのは大きなアドバンテージだと思います。
安全面についてはどう思われますか
使うときは常に転倒防止バーを前に出すようにしているのですが今のところ倒れそうになったりという事は一切ないですね。導入してから何度か地震もありましたが、その際も危ないと感じる様なことはありませんでした。
他の先生は電子黒板をどういうツールとして見ていますか
まだ全ての教員に浸透しているとは言えない状況ですが、先日ありました公開授業で電子黒板を使用した4名の先生は特に抵抗を感じている風には見えませんでしたね。
パソコンの画面をそのままタッチで操作する、書きたい色のペンを取ったらその色の線が描けるというシンプルさが抵抗感なく使える理由かと思います。
最後に「電子黒板しゃべるくん」は他の先生にもおすすめできますか
電子黒板の導入で悩んでいる先生がいれば是非ともおすすめしたいですね。「しゃべるくん」は使いやすいツールですよと自信を持っておすすめできます。

line

ページトップへ

line02

Copyright © DENSHIKOKUBAN.jp All Rights Reserved.